かにしゃぶに最適なズワイガニ

ズワイガニタラバほど食べ応えがあるわけではありませんが、ズワイガニの方が味は上ではないでしょうか。
カニミソもおいしくいただけます。バランスの取れたカニと言えるでしょう。基本的にどんな調理でもおいしくいただけます。

鍋(かにすき)にするときは煮詰めすぎないように注意。
オスは身を、メスは内子、外子も楽しめます。ボイルであればそのままポン酢などで食べるのが人気です。かにしゃぶにも最適。ズワイガニが一番好きだという人も多いです。
毛ガニほどではありませんが、カニミソもおいしくいただけます。焼いて食べたい場合は、タラバの方がおすすめです。

ズワイガニをブランドカニとして、地方によっていろいろなネーミングがつけられています。ナンバリングして管理しているところも。鳥取では「松葉ガニ」、京都では「間人ガニ」、福井では「越前ガニ」などです。漁獲量としては、北海道が多くなっています。

よく本ズワイガニと表記されているものが、このズワイガニのことです。紅ズワイガニという種類もいるために、本ズワイガニという通称があります。
ちなみに紅ズワイガニは、身が詰まっていないものが多く、かまぼこや冷凍食品などによく使われています。
まったくの別ものということですね。

カテゴリー: いろいろな蟹   パーマリンク

コメントは受け付けていません。