キムチ鍋に一工夫を加えるだけで…

冬の寒い日に、体をぽかぽかに温めてくれる料理の一つが「鍋料理」です。
この鍋料理は日本のものだけでなく、世界各国でも作られている料理ですが、韓国から来たキムチ鍋は日本でもおなじみのメニューですよね。

今日は、このキムチ鍋に一工夫を加えることで、いつもとは違った味にする方法を紹介します。

キムチ鍋といえば、皆さんは豚肉や牛肉を入れる鍋を想像するかと思いますが、実は韓国ではイカ等の魚介類を入れることも多いらしいです。
そもそも、韓国のキムチには魚介の塩辛が使われているそうです。日本のサラダみたいなキムチとは違って、しっかりとした発酵食品なんです。

私の友人の韓国人も、キムチを使った鍋料理には鱈の切り身を入れるということで、さっそく試したところ大当たり。
旬の鱈の味が染み出て、いつもとは一味違ったキムチ鍋ができあがります。小さいお子さんでもキムチの量を減らせば余り辛くすることなく食べられるので、是非お勧めしたいメニューです。

鍋にコクが足りないときは、市販の焼き肉のたれを入れるという裏技もあります。
ヨーグルトを最後に入れて、酸味を出すという人もいますね。

冷えた体を温めるには、マッコリを飲みながらの魚介キムチ鍋が良いでしょう。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。