兄の釣ってきた80センチの脂ののったブリ

私の兄の趣味は釣りです。ただの釣りではなく自分のボートを日本海に出して沖合から釣りを楽しむ本格的なものです。一年中なんらかの魚を釣っては家族に振舞ってくれます。

普通のサラリーマンが週末に楽しんでいるだけとは思えない魚が食べられ一家そろって大満足です。

今まで食べた中で一番美味しかったのが年末に釣ったというブリです。そのブリはお正月におさしみと照り焼きにして食べさせてくれました。
釣った魚を持って帰ってきておしまいではなく、ちゃんとさばいて料理してくれるのが、兄のえらいところです。

年末になると店頭でも立派なブリが並びますが、兄のブリは大きさから違いました。
体長が80センチくらい有り、とても自分たちではさばけないという驚きの大きさでした。

身はプリプリに引き締まっており、たっぷりの脂がのっていました。特におさしみは醤油につけると脂が染み出すほどでした。
厳しい寒さの日本海だからこそ、引き締まり脂ののったブリになることができたのでしょう。

今度は私たちも釣りに連れて行って欲しいものです。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。