冬におすすめなきりたんぽ鍋。セリを入れて。

寒い冬に体を芯からぽかぽかに温めてくれるのが鍋料理ですが、皆さんはどういう鍋料理を普段から作っているでしょうか?
私が自宅でよく作っていて、家族の中でも人気が高い鍋料理は、「きりたんぽ鍋」です。

きりたんぽ鍋とは、東北は秋田県の郷土料理として地域の方々に愛されている料理で、竹輪のような形をしたお餅を入れて食べる鍋です。
最近はスーパーマーケットなどでも「きりたんぽ鍋」を見かけるので、秋田県の人でなくとも手軽にチャレンジできる鍋料理だと思います。

普通は、比内地鶏のスープにキノコや野菜、鶏肉・肉団子を入れて食べるのですが、魚介との相性も良くアレンジがしやすいのが特徴です。
鱈やエビなども入れて、豪華な鍋にしてみてはどうでしょうか?ちなみに、きりたんぽが余ったら、焼いたきりたんぽに田楽味噌をつけて食べるのも、体が温まり美味しい食べ方です。

きりたんぽ鍋にかかせない根っこ付のせりも、最近は手に入るようになってきました。
泥をできるだけキレイに洗うのがとても大変ですが、セリが入ってるとおいしいです。

ただ、東京のスーパーで手に入るセリは、根っこが短く切られていて、あまりついていないかもしれません。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。