冬に食べに行く、広島厳島の牡蠣

私は毎年冬になると広島へ旅行に出かけます。
その目的は何と言っても広島の名産、牡蠣を堪能しに行くためです。

やっぱり名産なだけあって、厳島神社へ行く道にはたくさんの牡蠣料理のお店や屋台だ建ち並んでいます。
たくさんお店があり、目移りしてしまいますが基本的に外れがないのでどこのお店にいってもおいしい牡蠣を堪能することが出来ました。

地元のスーパーで買う牡蠣はすこし味にくせがあったり、臭みがあったりしますが、広島の牡蠣は一切そんなことはありませんでした。くせや臭みは無く何個でも食べられました。
また、冬限定の生牡蠣はと牡蠣の殻ごといただく焼牡蠣は最高で味はしっかりしていてなんの味付けをすることなく美味しくいただけました。

十分牡蠣を堪能することができたら、牡蠣のクリームコロッケをおススメします。冬で冷え切った中で食べるコロッケは今までに味わったことのない感動を与えてくれます。

カニクリームコロッケならどこでも食べられますが、牡蠣のクリームコロッケはなかなかありません。
でも、ロイヤルホストに宮城県石巻市桃浦の牡蠣をつかったものがあるので、ぜひロイホに行ったときにはチェックしてみてください。
ハンバーグとのセットが個人的なおすすめです。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。