大阪の冬のご馳走は新鮮なフグを使ったてっちり

冬はいろんな鍋料理を食べますが、その中でも一番のご馳走といえばやはりてっちりでしょうか。
私が生まれ育った大阪では、気軽にてっちりが食べられるお店がたくさんあります。

外食だけでなく、ちゃんとしたフグ調理師の人がさばいてくれたフグの身を買ってかえって、家でてっちりをする家庭もたくさんあります。
フグのお刺身のてっさとてっちり、そしてフグのひれ酒が揃えば寒い冬の夜も楽しみにさえ思えてきます。

個人的にはてっちりはフグの身そのものを楽しむより、フグからでる出汁を楽しむものだと考えています。
てっちりでは、フグといっしょに食べる野菜や豆腐、そして最後の〆で食べるフグ雑炊が楽しみなので。
フグ雑炊は、数ある雑炊の中でも最高の雑炊だと思います。
だからてっちりを食べる時は、食べ始めたから一番最後のフグ雑炊を思い浮かべながら食べています。

ちなみに、「てっちり」とは、「鉄砲のちり鍋」の略です。
毒に当たると死んでしまうフグを、俗に鉄砲と呼んでいたんです。どちらも当たってしまうと怖いというダジャレなんですね。
ちり鍋というのは、白身魚と野菜と豆腐などの入った鍋のことです。

釣り好きの人は、フグとカワハギを間違えないように注意しましょう。
キタマクラというフグが、カワハギによく似ています。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。