寒い冬のごちそう酒田の寒鱈汁

私の住んでいる山形県の酒田市の冬の名物は鱈の汁です。
寒い時に取れるので、地元では寒鱈汁(どんがらじる)と呼んでいます。とてもシンプルな汁物で、具は長ネギと鱈くらいしか入ってないものも多いです。

厳しい寒さの中、産卵のために回遊してくる寒鱈は、脂がのってまるまると太っています。
汁は味噌仕立てです。他の町ではよく、鱈ちりを食べるようですが、酒田の寒鱈汁は、身だけが入っている鱈ちりと違い、内臓も白子もふんだんにはいっています。丸々一匹を使った贅沢で豪快な料理です。

これを食べるのは本当に寒い2月くらいになってからです。ものすごく寒い日にとても体が温まります。
特に白子がたくさん入っているので、ぷにぷにした触感がたまらないです。

新鮮な鱈を使うので、天候が悪い日が続く時には漁が不可能になり、食べられなくなる期間もあります。
冬の名物なので、酒田や鶴岡の町では冬に寒鱈祭りを行い大なべで作った寒鱈汁をふるまっています。庄内の冬は厳しいですが、寒鱈汁が食べれるのは冬の楽しみです。

一匹をさばくのは大変でしょうから、切り身になって味噌なども付いているどんがら汁セットをネットなどで購入してみてください。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。