煮ても焼いてもおいしいはたはたのしょっつる鍋

冬の料理といえば、やはり鍋だと思います。
私の住んでいる地方の特産品の中に「はたはた」という魚をつかった鍋料理があります。
「はたはた」は、日本海の北部、山形・秋田・青森の沿岸に12月になると接岸し、産卵を行う小さな白身魚です。

東北地方沿岸部ではよく食べられますが、他の地域では、うろこの無い魚ということで敬遠されがちです。
「はたはた」は、焼いても煮てもおいしいのですが、私の住んでいる地方では、「しょっつる」という「はたはた」を醗酵させたエキス(魚醤)をつかった鍋が有名です。

「しょっつる鍋」の具財は、地域によって多少違いますが、ねぎ・豆腐・はたはたは必ず入っています。
ちょっと分かりにくいかも知れませんね。はたはたを使った醤油をつかった鍋に、具材としてもはたはたが入っているということです。

汁は、透明で塩辛いのが特徴です。
その汁が、「はたはた」にちょうど合い、おいしく食べられ、体も温まります。
私の住んでいる秋田県では、特になまはげで有名な男鹿市で、ホテル等で観光客向けにメニューに組み込まれているようです。
ぜひ一度、食べてみてください。

鍋の他にも、東北地方ではよく食べられています。煮付けや塩焼きもおいしいです。
子持ちのハタハタが好きという人も多いです。

カテゴリー: 冬の食べ物の話   パーマリンク

コメントは受け付けていません。